北軽井沢ブルーベリーYGH ユースホステル
1.利用案内
2.料金
3.施設案内
4.時間割

5.プログラム
 イベント紹介
 自然体験
 インタープリテーション
 ネイチャーウオッチング
 フラワーウオッチング
 バードウオッチング
 昆虫ウオッチング
 星空観察
 農業
 高原野菜
 グルメ
 
 地酒・ビール
 グリーンツーリズム
 酪農体験
 火山体験プログラム
 日本愛妻家協会
 森林浴
 散歩
 温泉
 岩盤浴

6.観光
7.保険について
8.宿泊約款
9.English

昆虫ウオッチング

■蝶

 浅間高原は、蝶の多いところです。最初は興味の無かった私も、その圧倒的な数の多さに、しだいに魅せられていく自分自身がいることに気づきます。さっそく秘密の場所へ、あたり一面の花畑に。自然保護の観点により、場所が特定できる画像はカットしてあります。興味のある方は、ツアーに参加するかマネージャーに質問してみてください。

 これは、蝶マニアの間で大人気のアサギマダラ。美しいですよね。でも、この美しさが曲者なのです。この美しさは、毒を持っていることを敵に知らせる警戒色なんですよね。アサギマダラは、ヒヨドリバナ、フジバカマといった、毒がある蜜ばかり吸うんです。そして全身を毒のかたまりとして、敵から身を守っているのですね。きれいな蝶には毒があるのです。

cyo-2-04.JPG

 アサギマダラは、春の北上、秋の南下を繰り返す「渡り蝶」なのですが、 2000年に台湾台北市でマークされた2個体が、鹿児島県と滋賀県でそれぞれ再捕獲されていますから、すごい移動範囲です。

cyo-2-081.JPGcyo-1-03.JPG

 夏には標高1000m付近の高地帯をさまようことが最近の調査でわかってきています。ちなみに、この写真撮影地区は、標高1600メートルぐらいですから、かなりの山奥です。




 トンボも多いですが、浅間高原のトンボは、なぜか逃げません。
cyo-2-05.JPG

9月頃の調査です。蝶の時期は終わっているとはいえ、約30分くらいの観察時間に、300羽ぐらいは観察できたでしょうか?

cyo-2-06.JPGcyo-1-06.JPG
cyo-1-11.JPGcyo-1-04.JPG

熊の寝床を発見。そのうえ藪が揺れているのまで発見。熊の個体までは確認できていませんが、熊に間違いないでしょう。
cyo-2-10.JPG

これが熊道です。
道にそってラズベリーがはえています。
ラズベリーは熊の大好物なんですね。

cyo-2-11.JPG
〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル 電話 0279-84-3338