北軽井沢ブルーベリーYGH ユースホステル
1.利用案内
2.料金
3.施設案内
4.時間割

5.プログラム
 イベント紹介
 自然体験
 インタープリテーション
 ネイチャーウオッチング
 フラワーウオッチング
 バードウオッチング
 昆虫ウオッチング
 星空観察
 農業
 高原野菜
 グルメ
 
 地酒・ビール
 グリーンツーリズム
 酪農体験
 火山体験プログラム
 日本愛妻家協会
 森林浴
 散歩
 温泉
 岩盤浴

6.観光
7.保険について
8.宿泊約款
9.English

農業

■馬鈴薯は嬬恋村で生まれた?
 バレイショという呼び名は嬬恋村が発祥の地と言われています。それは、かつて嬬恋村でバレイショからでんぷんをとり、それを熊よけの鈴を付けた馬で峠を越え、信州に運んでいました。その様子から馬の鈴のいもで馬鈴薯と言われるようになったそうです。


■「とうもろこし恵味」の生産地、群馬県嬬恋村
 嬬恋村は、朝晩の寒暖の差が大きいため、よりおいしいとうもろこしができるところとしても知られています。 恵味は、「味来(みらい)」に比べて、深みのある甘さが特徴でたくさん食べても飽きのこない味わいがあることで知られています。食べてみると歯にひっかかりにくいのでお子様にも安心して食べていただけます。房の大きさは「味来」よりも少し大きい感じです。また、恵味は生で食べるととてもジューシーな甘さですが、軽くゆでたりふかしたりしてもおいしく食べられます。ただ焼くのには少し向かないかも知れません。


■花豆
標高700m以上の高地でないと実が付きにくいベニバナインゲン。平坦部では花を楽しむだけですが嬬恋では、「花豆」「花インゲン」「おいらん豆」と呼ばれ、驚くほど大きな豆(長径約3cm)をたくさんつけます。


■嬬恋特産キャベツについて
 春夏秋冬、一年中出荷されているキャベツですが、その産地は季節によって異なります。夏から秋には、北海道や群馬の嬬恋、長野の野辺山などの高原キャベツが出回ります。


■朝穫りキャベツの風景
 6月から8月の夜中に、出かけましょう。朝穫りキャベツの風景が見られます。ライトに照らされたキャベツ畑の夜景がとても美しいのです。



〒377-1524 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル 電話 0279-84-3338